ビデオ健康塾 一覧

ご利用案内

  • 関連テーマ

掲載日:2018/12/20

楽しく気軽に自分の健康をチェック!

文化の日に津島市で行われた「健康まつり2018」をレポートします。

11月3日の文化の日に、津島市総合保健福祉センターで「健康まつり2018」が開催されました。さまざまな機器を使った健康チェック、科学実験や施術の体験コーナー、手作り野菜の販売など、子どもから大人まで楽しく参加できる内容で、参加費も無料です。

会場内は、健康チェックや体験コーナーで貰えるスタンプを5つ以上集めると、健康グッズなどが当たるクジを引ける「スタンプラリー」が催されており、楽しく巡ることができました。

2階の世代間交流室には、運動機能を測定する3つの機器が設置されています。点灯するボタンを押す速度で敏捷性を測る「クイックアーム」、骨や関節、筋肉など運動器の状態を調べる「ロコモチェック」、生活全般に影響する脚の筋力を測る「脚筋力測定」で、自分の「動ける力」を客観的なデータで知ることができました。そのデータをもとに相談員を務めた津島市リハビリテーション連絡協議会の方は「要介護にならないためにも、自分の身体の状態を正確に知っておくことが大切です」と話します。

同じく2階の相談室では、津島市医師会の医師と歯科医師会の歯科医師による健康相談を実施。先述の運動機能をはじめ、棟内で受けられる各種健康チェックの結果も相談できるので、最後に訪れる人も多かったようです。また、健診室では、津島市薬剤師協会と薬学部の学生による「おもしろ科学実験」を開催。シャボン液にヒアルロン酸を添加して割れにくくしたシャボン玉や、胃薬を牛乳に滴下して作る人工イクラなどの実験に、子どもたちも興味津々でした。

3階の和室では、愛知県柔道整復師会に所属する接骨院の方々が「足型測定によるキネシオテーピング体験」を行っていました。版画のように裸足の足型を取り、扁平足や外反母趾角をチェック。最後に外反母趾の痛みを軽減し、改善にも効果のある足指へのキネシオテーピングを巻いてもらいました。

このように会場のいたるところで、地元の医療団体やボランティア、学生たちによるさまざまなコーナーが開かれており、若い親子連れのファミリーからご高齢の方々まで、多くの人々で賑わっていました。愛知県では、気軽に健康状態をチェックしたり、医療体験ができるイベントが随時開催されています。「あいち健康ナビ」のイベント情報などでスケジュールを調べ、近くで参加できそうな催しがあれば、ぜひ活用してみてください。

[監修]公益社団法人 愛知県医師会

運動器の状態を調べるロコモチェック。

足型測定の様子。

[このページの内容に関する留意点]

ご紹介している健康情報は2018年12月時点のものです。

健康コラム一覧に戻る