ビデオ健康塾 一覧

ご利用案内

  • 診療科目
  • 関連テーマ

掲載日:2018/03/28

きこえに大切な耳と脳のはたらき

Get Adobe Flash player

名古屋大学大学院医学系研究科

頭頸部・感覚器外科学耳鼻咽喉科

教授

曾根 三千彦

そね みちひこ

再生時間:9分05秒

[ご覧になる際の留意点]
ご紹介している健康情報は掲載日時点のものです。

講演内容のサマリーをダウンロード

講座内容の要約

「難聴」とは聴覚が不十分であるという生理的な機能障害を示し、診断的側面から表現した言葉です。一方、「聴覚障害」とは難聴によって生じるさまざまな不便や日常生活で生じる問題点を示し、難聴によって生じる障害面から表現した言葉です。難聴によってもたらされる障害は、難聴の程度やその質、個人のおかれた立場や聴覚に対する要求で異なりますが、生活の質を障害する疾患としてその影響は大きく、成人ではコミュニケーション障害やうつ病、認知症などの精神活動障害も引き起こします。本講座では、音の聞こえる仕組みから、認知機能の解説、聴力と認知症との関わりなどについてお話ししています。

[講師プロフィール]

主要経歴/1987年 名古屋大学医学部卒業、1995年 医学博士号取得 耳鼻咽喉科助手、1996年 米国ミネソタ大学visiting instructor、1998年 トヨタ記念病院医長、2001年 名大耳鼻咽喉科講師、2003年 名大耳鼻咽喉科助教授、2017年 名大耳鼻咽喉科教授

講座一覧に戻る