ビデオ健康塾 一覧

ご利用案内

  • 診療科目
  • 関連テーマ

掲載日:2018/11/30

大人の発達障害 理解と対応について

Get Adobe Flash player

医療法人仁精会

三河病院

理事長

大賀 肇

おおが はじめ

再生時間:16分47秒

[ご覧になる際の留意点]
ご紹介している健康情報は掲載日時点のものです。

講演内容のサマリーをダウンロード

講座内容の要約

大人の発達障害とは、大人になってから発症した障害ではなく、生まれつきの発達のかたよりに気付かれ、医療や保険、福祉の支援を受けてこられた方、もしくは大人になって社会に出てから困りごとが見つかった方をさします。例えば、空気が読めないと注意される、教えたことが身につかない、自分勝手な手順で作業を行なってしまう。忘れ物が多い、時間や提出物の期限が守れない、仕事や家事の段取りが悪い、お客さんとのコミュニケーションがうまくいかないなどです。発達障害の代表的なものとして知的能力障害(知的障害)、自閉スペクトラム症、限局性学習症(学習障害)、ADHD(注意欠如・多動性障害)があげられます。本講座では主に自閉スペクトラム症とADHDについて解説しています。

[講師プロフィール]

所属学会/日本精神神経学会 専門医 指導医、日本児童青年精神医学会、愛知児童青年精神医学会 評議員、日本臨床精神神経薬理学会
専門領域/児童精神科

講座一覧に戻る