ビデオ健康塾 一覧

ご利用案内

  • 診療科目
  • 関連テーマ

掲載日:2019/02/22

リビングウィル

〜安らかな最期を迎えるために

Get Adobe Flash player

愛知県がんセンター

名誉総長

大野 竜三

おおの りゅうぞう

再生時間:15分23秒

[ご覧になる際の留意点]
ご紹介している健康情報は掲載日時点のものです。

講演内容のサマリーをダウンロード

講座内容の要約

無意味な延命治療を止めることができる唯一の方法は、患者さん自身が延命治療の中止を希望され、その意思を表明されている場合です。そこで、患者さんが意識もあり理性的判断ができる内に、終末期において自分がして欲しい、あるいは、して欲しくない医療・ケアに関しての意思表明を書類にしておく必要があります。それが、終末期の医療・ケアについての意思表明書「リビング・ウィル」です。本講座では、人生の終末期において、自分自身はもちろんのこと、家族も医療側も迷い苦しむことなく、安らかな最期を迎えるための方法として、リビング・ウィルを解説しています。

[講師プロフィール]

1964年 名大医学部卒業。聖路加国際病院、米国MDアンダソンがんセンター、名大内科助教授、浜松医大第三内科教授、愛知県がんセンター病院長・総長、愛知淑徳大学教授、日本学術会議会員などを経て、現在、愛知県がんセンター名誉総長。
専門はがん・白血病の薬物療法であるが、リビング・ウィルの普及、脱タバコ社会の実現、健康長寿の達成要因の解明にも取り組んでいる。

講座一覧に戻る