ビデオ健康塾 一覧

ご利用案内

  • 診療科目
  • 関連テーマ

掲載日:2019/06/17

子どもの肘を守ろう!

〜そのために何をなすべきか?〜

Get Adobe Flash player

名古屋スポーツクリニック

院長

杉本 勝正

すぎもと かつまさ

再生時間:12分55秒

[ご覧になる際の留意点]
ご紹介している健康情報は掲載日時点のものです。
本動画には、手術映像が収録されています。

講演内容のサマリーをダウンロード

講座内容の要約

スポーツ競技の中では、野球、ドッジボール、器械体操などは肘の軟骨を傷めやすいと言われています。肘のスポーツ障害のうち、離断性骨軟骨炎は関節内の軟骨がはがれてしまう代表的な障害で、将来的に肘の関節変形、運動性制限、運動時痛をきたします。子どもの中には、障害を放置されて、手術せざるを得ない状況で初めて受診するといったケースが多々あります。本講座では、子どもの関節の特徴、関節障害の治療の紹介、障害予防のための正しい投球フォームや集団検診への取り組みなどについて解説しています。

[講師プロフィール]

学会関連/日本肩関節学会代議員、日本整形外科スポーツ医学会代議員、JOSKAS評議員、中部日本整形外科災害外科学会評議員、日本整形外科超音波学会幹事
スポーツ関連/中日ドラゴンズメディカルアドバイザー、名古屋オーシャンズチームドクター、愛知県ラグビー協会医務委員

講座一覧に戻る